業績

業績

2023年

原著

  1. Keisuke Suzuki, Shiho Suzuki, Tomohiko Shiina, Muneto Tatsumoto, Hiroaki Fujita, Yasuo Haruyama, Koichi Hirata : Effectiveness of three calcitonin gene-related peptide monoclonal antibodies for migraine: A 12-month, single-center, observational real-world study in Japan. Cephalalgia. 2023 May;43(5): 3331024231177649. doi: 10.1177/03331024231177649. [PMID: 37231663]
  2. Keisuke Suzuki, Shiho Suzuki, Tomohiko Shiina, Yasuo Haruyama, Hiroaki Fujita, Kei Funakoshi, Koichi Hirata : Could efficacy at 1 week after galcanezumab administration for patients with migraine predict responders at 3 months? A real world study. J Neurol 270(9): 4377-4384, 2023. [PMID: 37219606]
  3. Shiho Suzuki, Keisuke Suzuki, Tomohiko Shiina, Yasuo Haruyama, Koichi Hirata : Real-world experience with monthly and quarterly dosing of fremanezumab for the treatment of patients with migraine in Japan. Front. Neurol. 2023 Jul 6;14:1220285. doi: 10.3389/fneur.2023.1220285. eCollection 2023. [PMID: 37483436]
  4. Shiho Suzuki, Keisuke Suzuki, Tomohiko Shiina, Yasuo Haruyama, Koichi Hirata : Evaluating the wearing-off effects of fremanezumab in high-frequency episodic migraine and chronic migraine: A real-world observational study in Japan. Cephalalgia Reports 6: 1-8, 2023. https://doi.org/10.1177/25158163231207322
  5. Tomoko Komagamine, Reika Aoki-Kawabata, Mai Hamaguchi, Keisuke Suzuki, Norito Kokubun : Chunky yarn sign: A screening marker for brachial plexus hypertrophy on axial cervical spine MRI. Neurology and Clinical Neuroscience 11(4): 226-230, 2023. https://doi.org/10.1111/ncn3.12710
  6. Saro Kobayashi, Hidehiro Takekawa, Akio Iwasaki, Keisuke Suzuki : Association between blood IGF-1 levels and functional prognosis in hyperacute ischemic stroke patients undergoing thrombolytic therapy. Dokkyo Medical Journal 2(1): 57-64, 2023.
  7. Keitaro Ogaki, Hiroaki Fujita, Narihiro Nozawa, Tomohiko Shiina, Hirotaka Sakuramoto, Keisuke Suzuki : Impact of diabetes and glycated hemoglobin level on the clinical manifestations of Parkinson's disease. J Neurol Sci. 2023 Nov 3:454:120851. doi: 10.1016/j.jns.2023.120851. [PMID: 37931442]
  8. Keitaro Ogaki, Hiroaki Fujita, Narihiro Nozawa, Tomohiko Shiina, Hirotaka Sakuramoto, Keisuke Suzuki : Factors contributing to sleep disturbances and excessive daytime sleepiness in patients with Parkinson's disease. Front Neurol 14: 1097251, 2023. eCollection. [PMID: 36970510]
  9. Koichi Hirata, Yasuhiko Matsumori, Yuka Tanji, Rashna Khanna, Akichika Ozeki, Mika Komori : Safety profile of lasmiditan in patients with migraine in an Asian population. Expert Opin Drug Saf 22(1): 91-101, 2023. [PMID: 35736027]
  10. Koichi Hirata, Hiromi Sano, Hiroyuki Kondo, Yoshiyuki Shibasaki, Nobuyuki Koga : Clinical characteristics, medication use, and impact of primary headache on daily activities: an observational study using linked online survey and medical claims data in Japan. BMC Neurol 23(1): 80, 2023. [PMID: 36809985]
  11. Koichi Hirata, Mika Komori, Kaname Ueda, Anthony J Zagar, Yongin Kim, Dena H Jaffe, Yasuhiko Matsumori, Takao Takeshima : Outcomes and Factors Associated with Insufficient Effectiveness of Acute Treatments of Migraine in Japan: Results of the ObserVational survey of the Epidemiology, tReatment, and Care Of MigrainE (OVERCOME [Japan]) Study. Drugs Real World Outcomes 10(3): 415-428, 2023. [PMID: 37278957]
  12. Koichi Hirata, Takao Takeshima, Fumihiko Sakai, Yotaro Numachi, Ryuji Yoshida, Reija Koukakis, Miki Hasebe, Daishi Yui, Gabriel Paiva da Silva Lima, Sunfa Cheng : Long-term efficacy and safety of erenumab in Japanese patients with episodic and chronic migraine: results from a 28-week open-label treatment period of a randomised trial. BMJ Open 13(8): e068616, 2023. [PMID: 37597868]
  13. Muneto Tatsumoto, Eiji Suzuki, Mayumi Nagata, Keisuke Suzuki, Koichi Hirata : Prophylactic Treatment for Patients with Migraine Using Blue Cut for Night Glass. Intern Med 62(6): 849-854, 2023. [PMID: 35989269]
  14. Masahito Katsuki, Muneto Tatsumoto, Kazuhito Kimoto, Takashige Iiyama, Masato Tajima, Tsuyoshi Munakata, Taihei Miyamoto, Tomokazu Shimazu : Investigating the effects of weather on headache occurrence using a smartphone application and artificial intelligence: A retrospective observational cross-sectional study. Headache 63(5): 585-600, 2023. [PMID: 36853848]
  15. Takahiro Shimizu, Yuji Ueno, Yohei Tateishi, Ryosuke Doijiri, Ayako Kuriki, Muneaki Kikuno, Hidehiro Takekawa, Yoshiaki Shimada, Kodai Kanemaru, Yuki Kamiya, Eriko Yamaguchi, Masatoshi Koga, Masafumi Ihara, Akira Tsujino, Koichi Hirata, Yasuhiro Hasegawa, Nobutaka Hattori, Takao Urabe : Evaluating the Potential Pathology and Short-Term Outcomes of Cryptogenic Stroke Using the Etiological Classification System. J Atheroscler Thromb 30(4): 377-389, 2023. [PMID: 35691846]
  16. Kazuo Yamashiro, Takeo Sato, Chikako Nito, Yuji Ueno, Hiroyuki Kawano, Tetsuya Chiba, Takahito Nishihira, Takafumi Mizuno, Kentaro Ishizuka, Yasuyuki Iguchi, Kazumi Kimura, Kazuo Kitagawa, Masatoshi Koga, Teruyuki Hirano, Tomoaki Kameda, Hidehiro Takekawa, Takao Urabe, Akiyo Taneichi, Hiroyuki Fujiwara, Shigeru Fujimoto, Nobutaka Hattori, Ryota Tanaka : Stroke in Patients With Common Noncancerous Gynecologic Diseases: A Multicenter Study in Japan. Neurol Clin Pract 13(3): e200165, 2023. [PMID: 37124460]
  17. Satoshi Suda, Takehiro Katano, Kazuo Kitagawa, Yasuyuki Iguchi, Shigeru Fujimoto, Kenjiro Ono, Osamu Kano, Hidehiro Takekawa, Masatoshi Koga, Masafumi Ihara, Masafumi Morimoto, Hiroshi Yamagami, Tadashi Terasaki, Keiji Yamaguchi, Seiji Okubo, Yuji Ueno, Nobuyuki Ohara, Yuki Kamiya, Masataka Takeuchi, Yukako Yazawa, Yuka Terasawa, Ryosuke Doijiri, Yoshifumi Tsuboi, Kazutaka Sonoda, Koichi Nomura, Takashi Shimoyama, Akihito Kutsuna, Kazumi Kimura : Detection of Atrial Fibrillation Using Insertable Cardiac Monitors in Patients With Cryptogenic Stroke in Japan (the LOOK Study): Protocol for a Prospective Multicenter Observational Study. JMIR Res Protoc 12: e39307, 2023. [PMID: 37052993]
  18. Shinichi Wada, Yoshitaka Iwanaga, Yoko Sumita, Yusuke Sasahara, Koshiro Kanaoka, Hidehiro Takekawa, Satoshi Sumita, Yoshihiro Miyamoto : Satisfaction Survey for Regional Clinical Pathway for Stroke Patients in Acute and Rehabilitation Hospitals in Japan. Prog Rehabil Med. 2023 Jul 14;8:20230021. doi: 10.2490/prm.20230021. eCollection 2023. [PMID: 37456918]
  19. Remi Morimoto, Mutsumi Iijima, Yasuyuki Okuma, Keisuke Suzuki, Fumihito Yoshii, Shigeru Nogawa, Takashi Osada, Kazuo Kitagawa : Associations between non-motor symptoms and patient characteristics in Parkinson’s disease: a multicenter cross-sectional study. Front Aging Neurosci 15: 1252596, 2023. [PMID: 37744394]
  20. Kodai Kanemaru, Yuji Ueno, Muneaki Kikuno, Yohei Tateishi, Takahiro Shimizu, Ayako Kuriki, Ryosuke Doijiri, Hidehiro Takekawa, Yoshiaki Shimada, Eriko Yamaguchi, Masatoshi Koga, Yuki Kamiya, Masafumi Ihara, Akira Tsujino, Koichi Hirata, Yasuhiro Hasegawa, Hitoshi Aizawa, Nobutaka Hattori, Takao Urabe : High-risk patent foramen ovale and elderly in cryptogenic stroke. J Stroke Cerebrovasc Dis 32(11): 107344, 2023. [PMID: 37722223]
  21. Jie Xu, Nobuhiro Yuki, Norito Kokubun, Feng Gao, Fangzhen Shan, Qiguang Shi, Yuzhong Wang : Macrophages are scavengers for injured myelin in a rabbit model of acute inflammatory demyelinating polyneuropathy. Neuroreport 34(18): 860-867, 2023. [PMID: 37942737]
  22. Kentaro Yamato, Hiromi Sano, Koichi Hirata, Takeo Nakayama : Validation and comparison of the coding algorithms to identify people with migraine using Japanese claims data. 2023 Nov 27:14:1231351. doi: 10.3389/fneur.2023.1231351. eCollection 2023. [PMID: 38090268]
  23. 鈴木紫布, 鈴木圭輔, 椎名智彦, 大沼広樹, 平田幸一:新型コロナウイルスワクチン接種は群発頭痛を誘発しうるのか? 日本頭痛学会誌 49 (3): 604-607, 2023.

Editorial

  1. Keisuke Suzuki : Link between insomnia, cognitive impairment and stroke. Sleep Biol Rhythms 22(1): 3-4, 2023. [PMID: 38476854]

Letter

  1. Shiho Suzuki, Keisuke Suzuki, Tomohiko Shiina, Saro Kobayashi, Mukuto Shioda, Koichi Hirata:Switching from calcitonin gene-related peptide monoclonal antibody monthly to fremanezumab quarterly based on the patient's preferred dosing schedule. J Neurol Sci. 2023 Nov 13:122786. doi: 10.1016/j.jns.2023.122786. Online ahead of print. [PMID: 37993359]
  2. Kei Funakoshi, Keisuke Suzuki : A safe change from eculizumab to satralizumab in a patient with neuromyelitis optica spectrum disorder. Neurol Sci 44(3): 1097-1098, 2023. [PMID: 36350454]

著書

  1. 鈴木圭輔,坪山峻,平田幸一:Restless legs症候群.鈴木則宏編集,最新ガイドラインに基づく神経疾患診療指針2023-24,総合医学社,東京,pp505-511, 2023.
  2. 宮本雅之:不眠・過眠と概日リズム障害.鈴木則宏編集,最新ガイドラインに基づく神経疾患診療指針2023-24,総合医学社,東京,pp494-504, 2023.
  3. 藤木富士夫,武井実根雄,内山智之,山本達也,山西友典,平田幸一:脊髄疾患 筋委縮性側索硬化症.榊原隆次編著,神経因性膀胱ベッドサイドマニュアル改定第2版,中外医学社,東京,pp274-280, 2023.

総説

  1. Naoyuki Otani, Eisei Hoshiyama, Motoshi Ouchi, Hidehiro Takekawa, Keisuke Suzuki:Uric acid and neurological disease: a narrative review. Front Neurol. 2023 Jun 1;14:1164756. doi: 10.3389/fneur.2023.1164756. eCollection 2023. [PMID: 37333005]
  2. 鈴木圭輔, 土屋智裕, 平田幸一 :レストレスレッグス症候群治療薬.Brain Nerve 75(5): 557-560, 2023. [PMID: 37194531]
  3. 鈴木圭輔,山寺亘:睡眠医療を円滑にする患者指導(第13回) 睡眠関連運動障害.睡眠医療 17(2): 253-256, 2023.
  4. 鈴木圭輔,春山康夫:中枢神経感作とは何か? 原因不明の様々な症状に立ち向かう疫学研究から見えてきたこと.日健教誌 31(1): 14-20, 2023.
  5. 鈴木圭輔,加藤一史,平田幸一:発達変化と加齢変化の基礎知識 睡眠.JOHNS 39(12): 1451-1455, 2023.
  6. 藤田裕明,鈴木圭輔:多岐にわたる自律神経の役割 睡眠と自律神経.医学のあゆみ 285(6): 617-622, 2023.
  7. 渡邉由佳,平田幸一:片頭痛.Medical Practice 40(臨増): 142-147, 2023.
  8. 渡邉由佳,大垣圭太郎,鈴木圭輔,平田幸一:薬剤の使用過多による頭痛の病態生理.脳神経内科 98(4): 513-517, 2023.
  9. 渡邉由佳,野澤成大,藤井宏一:新しい片頭痛急性期治療薬 セロトニン1F受容体作動薬「レイボー」.ペインクリニック 44(7): 670-673, 2023.
  10. 鈴木紫布,鈴木圭輔:三叉神経・自律神経性頭痛の病態 Pathophysiology of trigeminal autonomic cephalalgias. 日本頭痛学会誌;50(1): 64-67, 2023.
  11. 平田幸一,小林聡朗,辰元宗人,鈴木圭輔:頭痛の臨床(その1) 頭痛診療のoverview.脳神経内科 98(3): 311-317, 2023.
  12. 平田幸一:頭痛の診療の新たなステージ ねらい.診断と治療 111(11): 1427, 2023.
  13. 辰元宗人:頭痛の臨床(その2) 緊張型頭痛の診断と治療.脳神経内科 98(4): 507-512, 2023.
  14. 辰元宗人,平田幸一:気象要因が片頭痛の発作発現に与える影響.脳神経内科 99(3): 360-363, 2023.
  15. 辰元宗人:頭痛の漢方薬療法・非薬物療法 人間工学的アプローチ.診断と治療 111(11): 1507-1511, 2023.
  16. 椎名智彦,鈴木圭輔:頭痛の治療(症例提示) 緊張型頭痛.診断と治療 111(11): 1457-1460, 2023.

学位論文

  1. Keitaro Ogaki, Hiroaki Fujita, Narihiro Nozawa, Tomohiko Shiina, Hirotaka Sakuramoto, Keisuke Suzuki : Impact of diabetes and glycated hemoglobin level on the clinical manifestations of Parkinson's disease. J Neurol Sci. 2023 Nov 3:454:120851. doi: 10.1016/j.jns.2023.120851. [PMID: 37931442]
  2. Masahito Katsuki, Muneto Tatsumoto, Kazuhito Kimoto, Takashige Iiyama, Masato Tajima, Tsuyoshi Munakata, Taihei Miyamoto, Tomokazu Shimazu : Investigating the effects of weather on headache occurrence using a smartphone application and artificial intelligence: A retrospective observational cross-sectional study. Headache 63(5): 585-600, 2023. [PMID: 36853848]

その他

  1. 平田幸一,志水太郎:Special Interview 大学で日本をリードする医師になりたい!次世代リーダーが世界で戦うためには.次世代の22世紀の医師のリアル,メジカルレビュー社,東京,pp91-96, 2023
  2. 平田幸一:REM睡眠障害.ドクターサロン 67(9): 540-543, 2023

学会

  1. Hiroaki Fujita, Keisuke Suzuki : シンポジウム Restless Legs Syndrome and Neurological Diseases. The 10th Congress of Asian Sleep Research Society (ASRS 2023), WEB, 2023.3.31
  2. Keisuke Suzuki, Shiho Suzuki, Tomohiko Shiina, Muneto Tatsumoto, Hiroaki Fujita, Yasuo Haruyama, Koichi Hirata : ポスター Efficacy of three calcitonin gene-related peptide monoclonal antibodies in patients with migraine: a 12-month single-center observational real-world study. International Headache Congress 2023, Seoul, Korea, 2023.9.14-17
  3. 濱口眞衣,国分則人,大沼広樹,鈴木圭輔:痙性対麻痺で発症したLBSLの50歳女性例.第244回日本神経学会関東・甲信越地方会,東京,2023.3.4
  4. 竹川英宏,宮脇郁子,福本義弘,益子貴史,角田亘,牧田茂,藤本茂:シンポジウム6 日本循環器学会合同シンポジウム 複合疾患を有する脳卒中,心血管疾患に対するリハビリテーションの現状調査.STROKE2023,横浜,2023.3.16
  5. 津久井大介,五十嵐晴紀,坪山峻,飯塚賢太郎,小林聡朗,西平崇人,鈴木圭輔,竹川英宏:ポスター 先天性血友病 A の頭蓋内出血に第 8 因子補充療法が有効であった1症例.STROKE2023,横浜,2023.3.16
  6. 松岡秀樹,岡村智教,桑原和代,杉山大典,竹川英宏,中山博文,峰松 一夫:シンポジウム2 保健医療従事者による心房細動に関する市民啓発3 介入場所・方法と効果.STROKE2023,横浜,2023.3.16
  7. 桑原和代,岡村智教,杉山大典,松岡秀樹,竹川英宏,中山博文,峰松一夫:一般口演 保健医療従事者による心房細動に関する市民啓発2:介入効果.STROKE2023,横浜,2023.3.16
  8. 岡村智教,桑原和代,杉山大典,松岡秀樹,竹川英宏,中山博文,峰松一夫:ポスター 保健医療従事者による心房細動に関する市民啓発:介入前調査.STROKE2023,横浜,2023.3.16
  9. 藤本茂,竹川英宏:シンポジウム9 栃木県における脳卒中・心臓病等総合支援センターの取り組み.STROKE2023,横浜,2023.3.17
  10. 竹川英宏,中山博文,峰松一夫:教育講演43 脳卒中・循環器病対策基本法と推進基本計画.STROKE2023,横浜,2023.3.18
  11. 竹川英宏(座長):教育講演44.STROKE2023,横浜,2023.3.18
  12. 長谷川泰弘,井口保之,竹川英宏(座長):シンポジウム14.STROKE2023,横浜,2023.3.18
  13. 小林聡朗,竹川英宏,岩崎晶夫,鈴木圭輔:一般口演 血栓溶解療法を受けた超急性脳梗塞患者における血中 IGF-1 値と機能予後の関連について.STROKE2023,横浜,2023.3.18
  14. 五十嵐晴紀,坪山峻,津久井大介,飯塚賢太郎,西平崇人,鈴木圭輔,竹川英宏:ポスター 静注血栓溶解療法と機械的血栓回収療法を施行した先天性第 VII 因子欠乏症の脳梗塞の一例.STROKE2023,横浜,2023.3.18
  15. 坪山峻,五十嵐晴紀,津久井大介,小林聡朗,飯塚賢太郎,西平崇人,鈴木圭輔,竹川英宏:ポスター MR-VWI が診断に有用であった原発性中枢神経系血管炎の 2 例.STROKE2023,横浜,2023.3.18
  16. 辰元宗人:市民向けセッション14 片頭痛予防のための住環境.第31回日本医学会,東京,2023.4.23
  17. 竹川英宏,小谷敦志(座長):シンポジウム血管(脳神経含む)1 頸動脈エコーを再考する.第96回日本超音波医学会,さいたま,2023.5.27
  18. 今野佐智代,江尻夏樹,吉原明美,薄根美咲,高瀬直敏,竹川英宏:パネルディスカッション乳腺1 非腫瘤性病変乳房超音波診断ガイドライン解説および乳房超音波検査の学び 乳房非腫瘤性病変の超音波画像評価.第96回日本超音波医学会,さいたま,2023.5.27
  19. 相場由利子,岡部龍太,早川史祥,森永弘章,田中博之,樫田光夫,竹川英宏:一般ポスター血管(脳神経含む) 心エコー所見からみる葉間動脈 resistance index(RI)に影響を及ぼす因子の検討.第96回日本超音波医学会,さいたま,2023.5.27
  20. 津久井大介,小林聡朗,五十嵐晴紀,飯塚賢太郎,竹川英宏:一般ポスター血管(脳神経含む) 後頭動脈のパルスドプラ波形の有用性が示された硬膜動静脈瘻孔の一例.第96回日本超音波医学会,さいたま,2023.5.27
  21. 竹川英宏,津久井大介,飯塚賢太郎,伊波秀,豊田茂:パネルディスカッション血管(脳神経含む)3 頚動脈超音波検査で硬膜動静脈瘻を疑う所見.第96回日本超音波医学会,さいたま,2023.5.28
  22. Norito Kokubun, Ryo Yamasaki (Chairs) : シンポジウム03 Overview of autoimmune peripheral neuropathies. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.5.31
  23. 辰元宗人(座長):一般演題口演セッション08 頭痛、睡眠障害. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.5.31
  24. 宮本雅之:一般演題口演セッション08 孤発性レム睡眠行動障害における錯視反応と転帰. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.5.31
  25. 森本伶美,飯嶋睦,大熊泰之,鈴木圭輔,吉井文均,野川茂,長田高志,服部信孝,北川一夫:ポスター パーキンソン病の非運動症状と患者背景の関連:多施設共同研究. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.5.31
  26. 五十嵐久佳,小森美華,植田要,Zagar Anthony J.,Jaffe Dena H.,松森保彦,竹島多賀夫,平田幸一:一般口演 片頭痛に関する本邦での大規模横断的疫学調査:片頭痛に関するスティグマと社会的負担.第64回日本神経学会, 千葉,2023.5.31
  27. Norito Kokubun, Osamu Kano (Chairs) : 一般演題口演セッション18 Motor neuron disease 2. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.1
  28. 橋本洋一郎,竹川英宏(座長):シンポジウム13 脳卒中克服第二次5カ年計画の課題と展望. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.1
  29. 国分則人(司会):教育コース08(中級向け) CIDPの病態生理と治療展望 -What will the new EAN/PNS guideline change in CIDP practice?- 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.1
  30. 平田幸一(座長):ランチョンセミナー20 レストレスレッグス症候群の治療戦略. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.1
  31. 国分則人:ランチョンセミナー22  CIDP診断・治療の理論と実践. 第64回日本神経学会,千葉,2023.6.1
  32. 国分則人:レクチャーマラソン06 ここまでは自分でやりたい末梢電気生理. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.1
  33. 鈴木紫布,鈴木圭輔,椎名智彦,平田幸一:一般演題ポスターセッション051 片頭痛患者におけるフレマネズマブの効果:単施設観察研究.第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.1
  34. Shinji Ohara, Masayuki Miyamoto(Chairs): 一般演題ポスターセッション025 Sleep disorders. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.1
  35. 国分則人,濱口眞衣,土屋智裕,鈴木圭輔:一般演題ポスターセッション073 脱髄性ギラン・バレー症候群における回復期伝導遅延.第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.2
  36. 竹川英宏,藤本茂:シンポジウム37栃木県における脳卒中遠隔医療. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  37. 鈴木圭輔:教育コース21(初級〜上級向け)睡眠障害の診方と治療. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  38. 大垣圭太郎,藤田裕明,野澤成大,櫻本浩隆,椎名智彦,鈴木圭輔:一般演題ポスターセッション064 パーキンソン病におけるHbA1cの臨床症状への影響. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  39. 藤田裕明,大垣圭太郎,野澤成大,椎名智彦,櫻本浩隆,鈴木圭輔:一般演題ポスターセッション084 パーキンソン病における睡眠障害と自律神経症状の臨床症状への影響. 第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  40. 舩越慶(座長):一般演題ポスターセッション095.第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  41. 平田幸一(座長):学生・研修医口演セッション04.第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  42. 竹川英宏(実習講師):日本神経学会第20回生涯教育セミナー「Hands-on」3 脳血管・神経筋超音波.第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  43. 国分則人:日本神経学会第10回メディカルスタッフ教育セミナー2 神経伝導検査セミナー 下肢の神経伝導検査.第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  44. 鈴木康史,上中梨帆,田村由馬,渡邉由佳:メディカルスタッフポスターセッション13 当地域の自動車運転免許自主返納相談者の実態調査.第64回日本神経学会, 千葉,2023.6.3
  45. 岩波久威,野田雅行,鈴木圭輔:ポスター シャーデンフロイデとアンチエイジング.第23回日本抗加齢医学会,東京,2023.6.9
  46. 竹川英宏(座長): イブニングセミナー 2.第 42 回日本脳神経超音波学会総会/第 26 回日本栓子検出と治療学会,東京,2023.6.16
  47. 津久井大介,五十嵐晴紀,飯塚賢太郎,西平崇人,小松紗良,正和泰斗,鈴木圭輔,豊田茂,竹川英宏:一般演題 好酸球性多発血管炎性肉芽種症のロフラー心内膜炎による多発性脳梗塞の 1 例 A case of cerebral embolism caused by Loeffler?s endocarditis.第 42 回日本脳神経超音波学会総会/第 26 回日本栓子検出と治療学会,東京,2023.6.16
  48. 岡部龍太,樫田光夫,森永弘章,加藤賢,田中博之,竹川英宏:一般演題 要注意プラークによる再発性虚血性脳卒中と冠動脈疾患を発症した 1 例 A case of recurrent ischemic stroke and coronary artery disease caused by mobile Plaque.第 42 回日本脳神経超音波学会総会/第 26 回日本栓子検出と治療学会,東京,2023.6.16
  49. 吉原明美,今野佐智代,白沢吏加,高瀬直敏,薄根美咲,江尻夏樹,津久井大介,竹川英宏:一般演題 急性期虚血性脳卒中患者の発作性心房細動における左房ストレインの有用性 Utility of left atrial strain in detecting paroxysmal atrial fibrillation in acute ischemic stroke. 第 42 回日本脳神経超音波学会総会/第 26 回日本栓子検出と治療学会,東京,2023.6.17
  50. 上野祐司,竹川英宏(座長):シンポジウム 6.第 42 回日本脳神経超音波学会総会/第 26 回日本栓子検出と治療学会,東京,2023.6.17
  51. 竹川英宏,津久井大介(講師):ハンズオンセミナー(頸動脈・経頭蓋).第 42 回日本脳神経超音波学会総会/第 26 回日本栓子検出と治療学会,東京,2023.6.17
  52. 津久井大介(指定質問者): シンポジウム1 畑中裕己(帝京大学脳神経内科);忘れえぬ症例 Ultra acute 末梢神経・神経筋接合部疾患‐初診即日挿管症例‐.第37回日本神経救急学会,軽井沢,2023.6.24
  53. 星山栄成:シンポジウム1 神経救急におけるてんかん重積治療の実際.第37回日本神経救急学会,軽井沢,2023.6.24
  54. 竹川英宏(座長):シンポジウム2.第37回日本神経救急学会,軽井沢,2023.6.24
  55. 津久井大介,坪山峻,小林聡朗,五十嵐晴紀,飯塚賢太郎,西平崇人,鈴木圭輔,竹川英宏:一般演題6 先天性血友病 A の頭蓋内出血を早期に診断し、第VIII因子を補充した症例.第37回日本神経救急学会,軽井沢,2023.6.24
  56. 飯塚賢太郎,西平崇人,五十嵐晴紀,津久井大介,松林賢照,高橋真由香,竹川英宏,鈴木圭輔:右前頭葉梗塞にてAprosodiaがみられた1例.第245回日本神経学会関東・甲信越地方会,東京,2023.6.17
  57. 平田幸一:教育講演 片頭痛診療の新世紀.第26回日本臨床脳神経外科学会,宇都宮,2023.7.15
  58. 鈴木紫布:ランチョンセミナー 明日から使える片頭痛治療〜CGRP製剤の活用〜.第26回日本臨床脳神経外科学会,宇都宮,2023.7.16
  59. 鈴木圭輔(座長):ポスター PD非運動症状2.第17回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,大阪,2023.7.22
  60. 櫻本浩隆,藤田裕明,大垣圭太郎,椎名智彦,鈴木圭輔:ポスター パーキンソン病における便の性状と臨床症状との比較検討.第17回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,大阪,2023.7.21
  61. 藤田裕明,大垣圭太郎,野澤成大,椎名智彦,櫻本浩隆,鈴木圭輔:ポスター  パーキンソン病における睡眠障害と自律神経障害の臨床症状への影響.第17回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,大阪,2023.7.22
  62. 大垣圭太郎,藤田裕明,野澤成大,櫻本浩隆,椎名智彦,鈴木圭輔: ポスター 糖尿病やHbA1c値のパーキンソン病臨床症状への影響.第17回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,大阪,2023.7.22
  63. 大沼広樹,土屋智裕,野澤成大,鈴木圭輔:医学教育ちゃんぽんシンポジウム 1 〜卒前〜 医学部 3 年生を対象としたシナリオを用いたコミュニケーション教育.第55回日本医学教育学会,長崎,2023.7.28
  64. 星山栄成,高野雅嗣,内田雅俊,和氣晃司,鈴木 圭輔:シンポジウム2 COVID-19 の意識障害.第31回日本意識障害学会,名古屋,2023.8.25
  65. 高橋真由香,西平崇人,坪山峻,津久井大介,飯塚賢太郎,五十嵐晴紀,竹川英宏,鈴木圭輔:第一指のみの脱力を呈したhand knob脳梗塞の一例.第246回日本神経学会関東・甲信越地方会,東京,2023.9.2
  66. 土屋智裕:症例報告賞候補演題セッション 巣状分節性糸球体硬化症を合併した抗NF186抗体陽性autoimmune nodopathy の一例.第34回日本末梢神経学会,京都,2023.9.8
  67. 濱口眞衣:一般演題 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーを合併したVCP 遺伝子関連多系統蛋白質症の一例.第34回日本末梢神経学会,京都,2023.9.8
  68. 国分則人:シンポジウム7「末梢神経診断に対する集学的アプローチ」電気生理検査.第34回日本末梢神経学会,京都,2023.9.9
  69. 国分則人:ハンズオンセミナー2 「初心者のための筋電図の使い方」運動神経伝導速度、知覚神経伝導速度の測定法の実際を学ぶ.第34回日本末梢神経学会,京都,2023.9.9
  70. 国分則人,小池春樹(座長):シンポジウム4 GBS/CIDPの最近の知見.第35回 日本神経免疫学会,東京,2023.9.13
  71. 国分則人:シンポジウム4 免疫介在性ニューロパチーの治療展望.第35回 日本神経免疫学会,東京,2023.9.13
  72. 宮本雅之:シンポジウム11 レム睡眠行動障害(RBD)の層別化と治療指針についての今後の展望.第45回日本睡眠学会,横浜,2023.9.15
  73. 宮本雅之:シンポジウム17 特発性(孤発性)レム睡眠行動障害におけるRWAの臨床的意義.第45回日本睡眠学会,横浜,2023.9.15
  74. 藤田裕明,大垣圭太郎,野澤成大,櫻本浩隆,椎名智彦,鈴木圭輔:ポスター パーキンソン病におけるレム睡眠行動異常症と自律神経症状の臨床症状との関連.第45回日本睡眠学会,横浜,2023.9.15
  75. 宮本雅之(座長): 一般口演4過眠症1.第45回日本睡眠学会,横浜,2023.9.15
  76. 平田幸一(座長): 第28回日本睡眠学会研究奨励賞授賞式、及び受賞講演.第45回日本睡眠学会,横浜,2023.9.16
  77. 岡靖哲,宮本雅之(座長):シンポジウム40 むずむず脚症候群(RLS)治療の最新の知見.第45回日本睡眠学会,横浜,2023.9.16
  78. 宮本雅之:ワークショップ3 レビー小体関連疾患における睡眠覚醒障害と在宅医療.第45回日本睡眠学会,横浜,2023.9.16
  79. 市橋光,竹川英宏(座長):脳神経領域特別企画.日本超音波医学会 第35回関東甲信越地方会学術集会,東京,2023.10.14-15
  80. 竹川英宏(座長):一般演題16血管2:頭頸部.日本超音波医学会第50回関西地方会学術集会,神戸,2023.10.21
  81. 竹川英宏(座長):ランチョンセミナー3.日本超音波医学会第50回関西地方会学術集会,神戸,2023.10.21
  82. 藤田裕明,大垣圭太郎,野澤成大,櫻本浩隆,椎名智彦,鈴木圭輔:一般演題 パーキンソン病におけるレム睡眠行動異常症と自律神経症状の臨床症状との関連.第76回日本自律神経学会総会,さいたま,2023.10.28
  83. 平田幸一,鈴木圭輔:教育講演9 睡眠障害を診るための基礎知識.第76回日本自律神経学会総会,さいたま,2023.10.29
  84. 鈴木圭輔(座長):一般演題7.第76回日本自律神経学会総会,さいたま,2023.10.29
  85. 国分則人:シンポジウム8 電気生理からみた自己免疫性ノドパチーの病態.第41回日本神経治療学会,東京,2023.11.3
  86. 鈴木圭輔(座長):教育講演6.第41回日本神経治療学会,東京,2023.11.4
  87. 国分則人(座長):ランチョンセミナー18.第41回日本神経治療学会,東京,2023.11.5
  88. 鈴木圭輔,鈴木紫布,春山康夫,椎名智彦,藤田裕明,櫻本浩隆,小橋元,加藤一史,平田幸一:ポスター 片頭痛患者における睡眠障害,中枢性感作と頭痛関連支障度との関連.第41回日本神経治療学会,東京,2023.11.5
  89. 藤田裕明,大垣圭太郎,野澤成大,椎名智彦,櫻本浩隆,鈴木圭輔:ポスター 自律神経症状のパーキンソン病臨床経過への影響.第41回日本神経治療学会,東京,2023.11.5
  90. 鈴木圭輔:ランチョンセミナー3 睡眠障害の観点からパーキンソン病患者さんのQOLを見直す.第11回日本難病医療ネットワーク学会,名古屋,2023.11.24
  91. 五十嵐晴紀,松田葉月,池田剛,高橋真由香,坪山峻,津久井大介,飯塚賢太郎,西平崇人,鈴木圭輔,石田和之,阿久津博義,竹川英宏:ポスター 機械的血栓回収術で得た血栓に特徴的な病理像を呈したTrousseau症候群の一例.第39回日本脳神経血管内治療学会,京都,2023.11.24
  92. 国分則人(オーガナイザー):ワークショップ1  神経生理領域のタスクシフト.第 53 回日本臨床神経生理学会,福岡,2023.11.30
  93. 国分則人:教育講演47 ギラン・バレー症候群の病態生理と電気生理.第 53 回日本臨床神経生理学会,福岡,2023.12.1
  94. 国分則人(座長): 教育講演67.第 53 回日本臨床神経生理学会,福岡,2023.12.2
  95. 国分則人(座長):シンポジウム32.第 53 回日本臨床神経生理学会,福岡,2023.12.2
  96. 辰元宗人:シンポジウム3 緊張型頭痛の治療 Treatment of Tension-type headache.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.1
  97. 辰元宗人:改めて学ぶ頭痛学 5 片頭痛予防薬の使い方 Migraine Prophylaxis Directions.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.1
  98. 鈴木紫布(座長):改めて学ぶ頭痛学 7.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.1
  99. 鈴木紫布(座長):改めて学ぶ頭痛学 8.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.1
  100. 鈴木紫布(座長):改めて学ぶ頭痛学 9.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.1
  101. 鈴木圭輔:改めて学ぶ頭痛学 12 頭痛と睡眠 Headache and sleep.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.1
  102. 辰元宗人(座長):シンポジウム 7.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  103. 平田 幸一(座長):理事長講演.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  104. 渡邉由佳:シンポジウム8 子育て支援の観点から考える女性の頭痛対策 Childcare Support and Women with Migraine in Japan.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  105. 平田幸一:スポンサードセミナー 3 日本における頭痛医療の現状と課題(とくに CGRP 抗体関連薬治療の普及)Current status and challenges in headache medicine in Japan, with a focus on the propagation of CGRP antibody-related drug therapies.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  106. 鈴木圭輔:スポンサードセミナー 2 中枢神経感作症候群とは? What is central sensitization syndrome? 第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  107. 渡邉由佳:改めて学ぶ頭痛学 15 薬剤の使用過多による頭痛 Medication-overuse headache.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  108. 平田幸一(座長):一般演題 18.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  109. 平田幸一,辰元宗人,中山健夫,山戸健太郎,佐野博美,犬山里代 :一般演題 本邦のレセプトデータと気象データを用いた気候と片頭痛発症に関する観察研究 An observational study of the relationship between climate and migraine onset using claims data and meteorological data in Japan.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  110. 辰元宗人,平田幸一,栗田由香,佐野博美,山戸健太郎:一般演題 日本の頭痛専門医の分布と都道府県別片頭痛患者数についての実態調査 Distribution of headache specialists and migraine patients in Japan.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  111. 勝木将人,辰元宗人,木元一仁,飯山隆茂,田島正人,宗像剛義,宮本大平,島津智一:一般演題 AI によるスマホアプリ「頭痛ーる」データの解析 気圧変化/降雨/湿度が頭痛発生に関連 Investigating the effects of weather on headache occurrence using a smartphone application and artificial intelligence:A retrospective observational cross-sectional study.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  112. 鈴木圭輔(座長):一般演題 26.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  113. 鈴木圭輔,鈴木紫布,椎名智彦,藤田裕明,舩越慶,小俣伸介,加藤一史,高橋真由香,平田幸一:一般演題 片頭痛患者に対するガルカネズマブ投与 1 週間後の有効性と 3 ヵ月後の奏効率との関連 Association between efficacy at 1 week and response rate at 3 months after treatment with galcanezumab in patients with migraine.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  114. 渡邉由佳(座長):一般演題 28.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  115. 鈴木紫布(ファシリテーター):スポンサードセミナー 1 片頭痛に関する医師-患者間コミュニケーション向上のために Conversations in Motion Migraine Workshop(CIM).第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  116. 河合ゆかり,荒居知沙,米元健二,小林聡朗,辰元宗人:一般演題 頭痛の誘因に合わせたセルフケア習慣化支援スマートフォンアプリケーションの開発 Development of a Smartphone Application to Support Self-Care Habits Based on Headache Triggers.第51回日本頭痛学会,横浜,2023.12.2
  117. 大垣圭太郎,藤田裕明,櫻本浩隆,野澤成大,鈴木圭輔:Parkinson病における糖尿病とHbA1c値の臨床症状への影響.第51回獨協医学会,壬生,2023.12.2

研究会,その他

  1. 鈴木圭輔(特別講演1座長):Dokkyo Joint Seminar,WEB,2023.1.17
  2. 竹川英宏(PART1座長):Prasugrel Dual Expert Conference〜日本人の心臓と脳を繋ぐ〜,東京,2023.1.21
  3. 中村新(講演1座長),平田幸一(講演2座長):Webセミナー 患者さんが求める片頭痛治療とは? WEB,2023.1.23
  4. 藤田裕明(総合司会):3D Network 2023,WEB,2023.1.25
  5. 櫻本浩隆:一般演題 パーキンソン病における消化器症状について.3D Network 2023,WEB,2023.1.25
  6. 鈴木圭輔(座長):獨協医科大学漢方を考える会,WEB,2023.1.26
  7. 平田幸一(講演2座長),鈴木圭輔(クロージングレクチャー):Future of Neurology Symposium in Tochigi,WEB,2023.2.3
  8. 鈴木圭輔(Session 1座長):Neuroscience Expert Seminar 2023,WEB,2023.2.12
  9. 藤田裕明:一般演題 パーキンソン病の睡眠障害について.PD Expert Seminar in 北関東・甲信越,WEB,2023.2.20
  10. 藤田裕明:パーキンソン病の病態と治療について.第13回パーキンソン病患者勉強会,WEB,2023.2.25
  11. 椎名智彦:レボドパ・カルビドパ経腸療法(LCIG)と脳深部刺激術について.第13回パーキンソン病患者勉強会,WEB,2023.2.25
  12. 中村新:パーキンソン病のリハビリテーション.第13回パーキンソン病患者勉強会,WEB,2023.2.25
  13. 竹川英宏(Closing Remarks):明日からの脳卒中予防を考える.心房細動週間Webセミナー 〜栃木県の脳卒中死亡率の低減を目指して〜,WEB,2023.3.2
  14. 鈴木圭輔(コメンテーター):総合討論 パーキンソン病に併発する睡眠障害について.第2回Young Neurologist Conference,WEB,2023.3.10
  15. 中村新(座長):北関東ライブ配信講演会2023第2回パーキンソン病治療へのアプローチ,WEB,2023.3.10
  16. 鈴木圭輔(座長):Migraine Area Web 想い描く日常、想い描くあしたへ,WEB,2023.3.13
  17. 鈴木圭輔(講演1座長):神経学を極める〜Academy of Neurology〜,WEB,2023.3.23
  18. 竹川英宏(クロージングリマークス):地域の脳卒中を考えるWeb Conference,WEB,2023.3.30
  19. 国分則人(座長):Meet The Expert ‐The Role of IL-6‐,WEB,2023.4.11
  20. 鈴木圭輔(座長):栃木県におけるLCIG療法を考える会,WEB,2023.4.12
  21. 櫻本浩隆:ドパミンアゴニストの漸減が必要だった1例.栃木県におけるLCIG療法を考える会,WEB,2023.4.12
  22. 鈴木圭輔(座長):アミティーザエキスパートセミナー,WEB,2023.5.15
  23. 鈴木圭輔(座長):East Japan Migraine Web Conference,WEB,2023.5.16
  24. 渡邉由佳(座長):慢性便秘症Webセミナー脳神経内科領域,WEB,2023.5.23
  25. 鈴木圭輔(特別講演座長):Neurology Conference,WEB,2023.6.7
  26. 竹川英宏:ストップ!NO卒中プロジェクト 活動報告.ストップ!NO卒中プロジェクト 第16回エリアエキスパート会議,WEB,2023.6.10
  27. 鈴木圭輔(ファシリテーター):ディスカッション チーム医療で考える最適な片頭痛治療.これからの片頭痛治療をチーム医療として考える会,WEB,2023.6.12
  28. 藤田裕明(ファシリテーター):ディスカッション 睡眠障害について.第1回北関東4大学脳神経内科交流会,WEB,2023.6.14
  29. 鈴木圭輔(座長):頭痛診療Webセミナー,WEB,2023.6.20
  30. 竹川英宏(講演2座長):地域で診る脳卒中診療Webセミナー,WEB,2023.6.20
  31. 辰元宗人(総合司会、Session1座長、質疑応答&Discussionファシリテーター),平田幸一(Closing remarks):片頭痛治療の新しい病診連携を考える会,WEB,2023.6.29
  32. 竹川英宏(講演2座長):脳卒中・心房細動を考える,WEB,2023.7.14
  33. 竹川英宏(第2部座長): ARNI 高血圧Web Symposium〜脳卒中における血圧管理 Up To Date〜,WEB,2023.7.18
  34. 竹川英宏(Facilitator,Presenter): Stroke Specialist Online サロン,WEB,2023.7.19
  35. 舩越慶(総論座長),国分則人(各論座長):Neurology Conference,WEB,2023.7.19
  36. 竹川英宏(座長,閉会の辞):脳卒中連携セミナー,WEB,2023.7.20
  37. 舩越慶(座長):上都賀郡市医師会学術講演会,鹿沼,2023.7.20
  38. 濱口眞衣,国分則人,西野一三,鈴木圭輔:約4年の経過で進行する四肢筋力低下と感覚障害を呈した 70 歳男性例.第107回 Neuro Muscular Conference,東京,2023.7.23
  39. 永島隆秀:総合司会.Neurology Seminar 2023,宇都宮,2023.7.24
  40. 藤田裕明(座長):Next Generation Neurology Seminar in 北関東,WEB,2023.8.3
  41. 中村新(特別講演1座長):トータルケアWebセミナー,WEB,2023.8.23
  42. 竹川英宏(第2部座長):CareAF 全国講演会2023,WEB,2023.8.24
  43. 国分則人(講演1座長),鈴木圭輔(講演2座長):神経難病セミナー,WEB,2023.9.26
  44. 鈴木圭輔(特別講演座長):神経学を極める2nd 〜Academy of Neurology〜,WEB,2023.9.28
  45. 大垣圭太郎:一般演題 パーキンソン病におけるHbA1cの臨床症状への影響.神経学を極める2nd 〜Academy of Neurology〜,WEB,2023.9.28
  46. 竹川英宏(講演1・講演2座長):ストップ!NO卒中プロジェクト支部講演会 in 栃木2023,WEB,2023.10.24
  47. 鈴木圭輔(座長):Neurology conference 補体セミナー in Tochigi,宇都宮,2023.10.25
  48. 藤田裕明,中村新,渡邉悠児:ディスカッション 高齢者PDの治療ストラデジー.北関東ライブ配信講演会2023,WEB,2023.10.26
  49. 中村新(特別講演座長):北関東ライブ配信講演会2023,WEB,2023.10.26
  50. 鈴木圭輔(基調講演座長):北関東MS Summit 2023,WEB,2023.11.20
  51. 永島隆秀(講演1座長):パーキンソン病の病診連携in両毛,WEB,2023.11.16
  52. 鈴木圭輔(特別講演座長):進行期パーキンソン病DAT Webセミナー,WEB,2023.12.7
  53. 藤田裕明(座長),櫻本浩隆(演者):一般演題 獨協医科大学におけるDAT療法〜ヴィアレヴ配合持続皮下注を中心に〜,進行期パーキンソン病DAT Webセミナー,WEB,2023.12.7
  54. 竹川英宏(座長):Session 2.脳心血管セミナー 高血圧治療を考える,宇都宮,2023.12.7
  55. 鈴木圭輔(講演2座長):Sleep Disorder&Parkinsons Disease Seminar,WEB,2023.12.8
  56. 藤田裕明(ファシリテーター):ワークショップ 脳血管障害について.第2回北関東4大学脳神経内科交流会,WEB,2023.12.19

講演

  1. 竹川英宏:医療連携に必要な脳卒中治療方針とは〜神経障害性疼痛を含め.地域の脳卒中診療を考えるWeb Seminar,WEB,2023.1.16
  2. 鈴木紫布:インフォームド・コンセントの重要性〜私が工夫していること〜.Webセミナー 患者さんが求める片頭痛治療とは?,WEB,2023.1.23
  3. 竹川英宏:講演2 脳卒中治療の現状と継続性〜神経障害性疼痛を含めて〜.脳卒中と痛みを考えるWeb Seminar in 西三河,WEB,2023.1.25
  4. 竹川英宏:特別講演II 医療連携における脳卒中トータルケア〜神経障害性疼痛を含め〜.脳卒中を考える会,WEB,2023.1.30
  5. 竹川英宏:脳卒中の再発・重症化予防と医療連携.第40回群馬脳卒中医療連携の会 第二部特別講演会,WEB,2023.1.31
  6. 竹川英宏:Session2 脳卒中治療における医療連携〜伝えるべきこと・神経障害性疼痛を含めて〜.北摂連携Web Seminar,WEB,2023.2.1
  7. 鈴木紫布:リアルワールドデータから見えてきたアジョビによる片頭痛治療.AJOVY HOT MONTH?,WEB,2023.2.13
  8. 藤田裕明:QOL向上を目指したパーキンソン病診療.Neurology Web Seminar,WEB,2023.2.16
  9. 舩越慶:Guillain-Barre 症候群の診断と治療.Neurology Web Seminar,WEB,2023.2.16
  10. 鈴木圭輔:パーキンソン病 Up To Date〜神経障害性疼痛治療とともに〜.老年病研究会〜痛みのトータルマネジメント〜,WEB,2023.2.17
  11. 竹川英宏:脳卒中医から見た心房細動:見つけに行くこと、一次・二次予防の重要性.「心房細動週間」に向け検脈の重要性を再考する,WEB,2023.3.7
  12. 竹川英宏:急性期から維持期まで続く脳卒中治療の現状〜神経障害性疼痛を含めて〜.脳卒中トータルケアセミナー 脳梗塞急性期から脳卒中後の神経障害性疼痛まで,WEB,2023.3.8
  13. 星山栄成:救急領域におけるパーキンソン病関連疾患.北関東ライブ配信講演会2023第2回パーキンソン病治療へのアプローチ,WEB,2023.3.10
  14. 鈴木圭輔:実臨床における片頭痛治療の実際と課題.Migraine Area Web想い描く日常、思い描くあしたへ,WEB,2023.3.13
  15. 鈴木圭輔:神経疾患と睡眠障害の密接な関わり〜糖尿病との関連も含めて〜.第5回獨協graduate meeting,さいたま,2023.3.17
  16. 鈴木圭輔:パーキンソン病の睡眠障害UP DATE:ゾニサミドの可能性を含めて.神経学を極める〜Academy of Neurology〜,WEB,2023.3.23
  17. 小林聡朗:講演2 片頭痛とレストレスレッグス症候群合併例の治療経験.神経学を極める〜Academy of Neurology〜,WEB,2023.3.23
  18. 五十嵐晴紀:当センターにおける脳卒中治療の取組.地域の脳卒中治療を考えるWeb Conference,WEB,2023.3.30
  19. 竹川英宏:脳血管疾患に係る近年の動向−患者への生活指導と危険因子管理−.栃木県栄養士会 令和5年度定期総会・研修会,宇都宮,2023.5.31
  20. 竹川英宏:講演II 急性期から維持期まで続く脳卒中治療の現状〜神経障害性疼痛を中心に〜.脳卒中ハイブリッドセミナー,WEB,2023.6.6
  21. 濱口眞衣:講演1 脱髄性多発ニューロパチーの70歳男性例.第1回北関東4大学脳神経内科交流会,WEB,2023.6.14
  22. 鈴木圭輔:講演2 脳神経内科で遭遇する睡眠障害.第1回北関東4大学脳神経内科交流会,WEB,2023.6.14
  23. 鈴木圭輔:神経変性疾患における睡眠障害.Parkinson's Disease Web seminar,WEB,2023.6.28
  24. 椎名智彦:Session2 頭痛外来の現状と目指す後方連携とは?  片頭痛治療の新しい病診連携を考える会,WEB,2023.6.29
  25. 鈴木圭輔:見逃せない、パーキンソン病にみられる睡眠障害に対する治療アプローチ.e講演会,WEB,2023.7.6
  26. 竹川英宏:医療連携における脳卒中のトータルケア〜神経障害性疼痛も中心に〜.Total Care Seminar〜神経障害性疼痛を考える〜,WEB,2023.7.6
  27. 竹川英宏:動脈硬化の治療を極める! Stroke Specialist Online サロン,WEB,2023.7.19
  28. 五十嵐晴紀:脳卒中患者の血圧管理について.脳卒中連携セミナー,WEB,2023.7.20
  29. 鈴木圭輔:基調講演 片頭痛に対するCGRPモノクローナル抗体治療.Neurology Seminar 2023,宇都宮,2023.7.24
  30. 竹川英宏:脳卒中医から見た心房細動:見つけに行くこと,一次・二次予防の重要性.秋田道沿線地域医療連携協議会公開学術講演会,WEB,2023.8.9
  31. 竹川英宏:当院における脳卒中・心臓病等総合支援センターの取り組み.西湖Brain Heart Team Conference〜脳卒中・心臓病の総合支援を考える〜,WEB,2023.8.17
  32. 鈴木紫布:片頭痛治療のup-to-date.北駿片頭痛WEBセミナー,WEB,2023.8.21
  33. 藤田裕明:パーキンソン病患者の神経障害性疼痛.トータルケアWebセミナー,WEB,2023.8.23
  34. 竹川英宏:急性期から維持期まで続く脳卒中治療の現状〜神経障害性疼痛を中心に〜.脳卒中と痛みを考える会,WEB,2023.8.30
  35. 竹川英宏:急性期から維持期まで続く脳卒中治療の現状〜神経障害性疼痛を中心に〜.SNS@Web〜Special Edition〜,WEB,2023.8.31
  36. 鈴木圭輔:PD診療で遭遇する睡眠障害.埼玉西部脳神経セミナー,WEB,2023.9.8
  37. 竹川英宏::講演II 当院の脳卒中医療連携と脳卒中相談窓口〜抗血栓療法も含めて〜.出水郡医師会学術講演会,WEB,2023.9.8
  38. 竹川英宏:急性期から維持期まで続く脳卒中治療の現状〜神経障害性疼痛を中心に〜.救急診療と脳卒中Web Seminar,WEB,2023.10.2
  39. 鈴木圭輔:パーキンソン病の睡眠障害 UP DATE : ゾニサミドの可能性を含めて.ハッピーフェイスセミナー in 京滋北陸,京都,2023.10.4
  40. 竹川英宏:栃木県における脳卒中の現状 当院の脳卒中・心臓病等総合支援センターモデル事業を含め.ストップ!NO卒中プロジェクト 支部講演会 in 兵庫2023,神戸,2023.10.11
  41. 鈴木圭輔:PD診療で遭遇する睡眠障害.パーキンソン病治療WEBセミナー,WEB,2023.10.16
  42. 藤田裕明:高齢者パーキンソン病の特徴と治療〜ゾニサミドを含めて〜.北関東ライブ配信講演会2023,WEB,2023.10.26
  43. 竹川英宏:講演II 一次・二次・重症化予防を踏まえた脳卒中・循環器病対策.ストップ!NO卒中プロジェクト支部講演会 in 大分2023,WEB,2023.10.31
  44. 竹川英宏:栃木県における脳卒中の現状:当院の脳卒中・心臓病等総合支援センターモデル事業を含め.ストップ!NO卒中プロジェクト支部講演会 in 山形2023,山形,2023.11.8
  45. 竹川英宏:講演2 急性期から維持期まで続く脳卒中治療の現状〜神経障害性疼痛も中心に〜.Stroke Total Management Seminar,WEB,2023.11.21
  46. 鈴木圭輔:講演2 睡眠障害の観点からパーキンソン病患者のQOLを見直すと.パーキンソン病の病診連携in両毛,WEB,2023.11.16
  47. 松林賢照:講演1 パーキンソン病の病診連携.パーキンソン病の病診連携in両毛,WEB,2023.11.16
  48. 鈴木圭輔:パーキンソン病における睡眠と便秘の意外な関係.Viatris Lunch Meeting 〜神経内科領域の便秘〜,WEB,2023.11.17
  49. 渡邉由佳:認知症における漢方処方のポイント.とちぎいちごいちえ漢方チャンネル,WEB,2023.11.28
  50. 藤田裕明:高齢者パーキンソン病診療のポイント.Elderly Care Seminer,前橋,2023.12.4
  51. 竹川英宏:全てにつながる高血圧:脳卒中の自経例も踏まえた高血圧治療の期待.脳と血管病Forum,WEB,2023.12.14
  52. 竹川英宏:栃木県の脳卒中の現状と神経障害性疼痛を含めた継続.県北脳卒中研究会,WEB,2023.12.21

社会活動・市民公開講座・シンポジウム

  1. 竹川英宏:講演1 知って欲しい!脳卒中の話! 獨協医科大学病院 脳卒中・心臓病等総合支援センター 市民公開講座 知って欲しい!脳卒中・心臓病の話!〜みんなで支える相談支援 脳卒中・心臓病等総合支援センター〜,WEB,2023.3.4
  2. 竹川英宏:ミニ講座 脳卒中はもう起こさない!そして楽しく暮らそう! 脳卒中・心臓病等総合支援センター「脳卒中相談窓口」脳卒中サロン,WEB,2023.3.23
  3. 鈴木圭輔(座長),藤田裕明(講師):パーキンソン病の診断と治療.獨協医科大学主催令和5年度公開講座,宇都宮,2023.6.24
  4. 鈴木圭輔(講師):片頭痛の最新治療.獨協医科大学主催令和5年度公開講座,壬生,2023.7.1
  5. 鈴木圭輔(第1部座長):第26回日本臨床脳神経外科学会市民公開講座,宇都宮,2023.7.16
  6. 鈴木紫布(第2部演者):頭痛の診療の進歩はどこまできてるんでしょうか? 第26回日本臨床脳神経外科学会市民公開講座,宇都宮,2023.7.16
  7. 平田幸一,辰元宗人(パネリスト):第26回日本臨床脳神経外科学会市民公開講座,宇都宮,2023.7.16
  8. 竹川英宏:失語症の皆様のカラオケコンテスト 聴かせて、あなたの声.言葉をつむぐ会主催 第2回失語症の皆様のカラオケコンテスト 失った言葉を歌に乗せて,2023.7.30
  9. 舩越慶:神経・筋疾患の患者・家族等の医療相談.とちぎ難病支援センター主催,宇都宮,2023.8.19
  10. 駒ヶ嶺朋子:生存戦略から死生観へ -ヒト脳進化と擬死-.早稲田大学 人間科学学術院 生命科学系シンポジウム 脳の不思議と人間の進化,東京,2023.10.28
  11. 竹川英宏:脳卒中を起こさず元気に過ごそう! 芳賀郡市医師会市民公開講座,真岡,2023.10.29
  12. 渡邉由佳(講師):睡眠障害は万病のもと? 健康寿命をのばすための工夫.獨協医科大学主催令和5年度公開講座,日光,2023.11.11
  13. 藤田裕明(講師):パーキンソン病に関する病気の理解と療養生活上の注意点について.宇都宮市保健所主催令和5年度難病医療生活相談会,宇都宮,2023.11.24

教育関連

  1. 星山栄成:JMECC 日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会(指導者).学内,2023.2.11
  2. 西平崇人:看護師特定行為研修 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連(講師).学内,2022.5.15
  3. 星山栄成:看護師特定行為研修 精神及び神経症状に係る薬剤投与関連(講師).学内,2022.5.17
  4. 竹川 英宏::講演6  究極の診療チーム結成への道.日本神経学会第6回特別教育研修会 脳卒中コース,東京,2023.9.16
  5. 竹川英宏:職場における脳血管疾患の予防からその対策,職場復帰まで.2023年度獨協医科大学産業医学講習会,壬生,2023.9.24
  6. 竹川英宏:講習会6 内頸動脈狭窄に対する超音波検査.日本超音波医学会第50回関西地方会学術集会,神戸,2023.10.21

新聞

  1. 平田幸一:からだの質問箱 むずむず脚症候群で服用 鉄欠乏性貧血が原因の場合も.読売新聞 p12, 2023年7月7日

テレビ

  1. 鈴木圭輔:頭痛と睡眠の深い関係.BSテレ東「教えて!ドクター 家族の健康」2023.11.25, 20:54〜21:00

主催/共催学会・研究会

  1. 第13回パーキンソン病患者勉強会,WEB,2023.2.25
  2. 第26回日本臨床脳神経外科学会市民公開講座 ここまで進歩した頭痛治療~かけがえのない日常を取り戻そう~,宇都宮,2023.7.16

表彰

  1. 鈴木圭輔:第1回日本睡眠学会SBR査読者表彰.第45回日本睡眠学会,横浜,2023.9.16

ガイドライン

  1. 鈴木圭輔(分担執筆):2023年改訂版 循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン.2023年3月11日発行 https://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2023/03/JCS2023_kasai.pdf

科学研究費

  1. 鈴木圭輔(代表):基盤研究(C)「パーキンソン病におけるプロスタグランジンD2合成酵素値と睡眠関連症状との関連」令和5年度〜令和8年度
  2. 鈴木圭輔(分担):厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)「種々の症状を呈する難治性疾患における中枢神経感作の役割解明とQOL 向上、社会啓発を目指した領域統合多施設共同疫学研究」令和5年度〜
  3. 鈴木圭輔(作成委員):令和4年度国立がん研究センターがん研究開発費「科学的根拠に基づくがんサバイバーシップガイドライン提言に関する」研究班
  4. 竹川英宏(分担):厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策研究事業)「循環器病に対する複合リハビリテーションを含むリハビリテーションの現状と課題の明確化のための研究」令和5年度〜
Copyright©2019 Department of Neurology, Dokkyo Medical University All rights reserved.